総合栄養食

保管方法と注意点

キャットフードも大切な食材を使用した、私たち人間の食事と変わりありません。
そのため購入したら消費期限がありますから、それを順守して使い切ることが大切です。
加えて正しい保存方法を実施する必要があります。
では、キャットフードの正しい保存方法とはどのようなものでしょうか。
今回はキャットフードの保存についてお話していきましょう。

まず、キャットフードは必ずパッケージに消費期限が掲載されています。
この消費期限は、忘れてはならないのは「未開封」の状態での消費期限であることです。
未開であれば、期限内は安心して猫に与えることができます。
未開封で保存しておく場合は、日差しの当たらない常温の場所に保管しましょう。
冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。
直射日光は場合によってはパッケージ内のフードを変質させる可能性があるので、十分に注意しましょう。

次に細心の注意を払いたいのは、開封後です。
猫の食事は、犬と異なり水分を多く含んでいる製品が多く販売されています
そこで、1点忘れてはならないのは、水分を含んでいるウェットタイプのフードは、乾燥させたドライタイプのものより「腐りやすい」という点です。
特に梅雨などの期間はあっという間にカビなどが散見されるようになるので、開封後は速やかに食べきるようにしましょう。
残したものは雑菌が繁殖しやすい状態です。
残したものを常温で放置はせず、冷蔵保存に切り替えましょう。
また、冷蔵保存でも開封後は消費期限までは持ちません。
なるべくすぐに食べきるか、冷蔵保存でも1日を限度としましょう。
雑菌が繁殖しやすい状態での冷蔵も危険です。

腐ることを避けたい場合は、梅雨の期間などはドライタイプをお湯でふやかして与えることもおススメです。
ドライタイプは腐りにくいので安心ですし、食べる直前にふやかせば水分も猫に与えることが可能です。
このように小さな工夫で保存が難しいウェットタイプを梅雨の時期は避けたり、猫があまり好まないこともあるドライタイプも与えることが出来ます。