総合栄養食

多頭飼い猫用のキャットフード

猫が出産をして飼育数が増える、あるいは種類の異なる猫を飼育している人はとても多くます。
犬や猫など様々なペットを可愛がっている人も少なくないでしょう。
このような場合、飼育の際に負担になるのはペットフードの価格です。
いわゆる多頭飼いはキャットフードの価格に配慮しながら良質のキャットフードを見つける必要があります。
そこで、次のような点に注意しましょう。


まず1つ目は安易に安すぎるものを購入しないということです。
昔事件になったようなメラミン入りのキャットフードはさすがに流通していません。
しかし、コストカットを行い行うために、本来必要な食材を減らし、穀物類ばかりを増やしているペットフードは未だに散見されます。
このようなケースを避けるためにも、あまりにも安いフードを購入することは避けましょう。
多頭飼いの場合、大容量パックなど量を多く購入する変わりに値段が下がるものがあります
こうしたお得パックを利用すると、良質なものでも安く手に入れることが出来るでしょう。

次に2つ目には、年齢への配慮です。
猫は約1歳までが人間でいう乳幼児期に該当します。
そして、7歳以降は高齢期に該当します。
仔猫や高齢猫は成猫と異なり、デリケートな状態です。
多頭飼いの場合、年齢に配慮せず飼育している年齢がバラバラでも同じようなキャットフードを与えがちです。
しかし、仔猫は多量のエネルギーを消費しますし、高齢猫の場合は療育の必要性も高まります。
猫の健康状態や年齢に合わせたフードで、なるべくは胃腸などの器官に負担をかけないようにしましょう

このように多頭飼いゆえの悩みはありますが、猫も人間と同様に個体差があります。
同じ環境で同じように飼育していても、健康状態や体質などは大きく異なりますので注意しましょう。
猫の個体に合わせたものを与えることで、スクスクと育つことが出来ます。
多頭飼いゆえに管理が疎かになることは避けてあげてください。