総合栄養食

「総合栄養食」って何?キャットフードの分類

実に多くのキャットフードが存在している中、どれが愛猫にフィットしているのか悩みながら購入している人も多いのではないでしょうか。
そんな時にオススメの種類があります。
それは「総合栄養食」です。
総合栄養食とは一体どんなものを指すのでしょうか。
キャットフードにおける総合栄養食とは一般社団法人ペットフード協会を参考にすると、総合栄養食と水分の摂取で健康の維持が可能なフードを指しています。
つまり、総合栄養食を用意しておけば、余分なオヤツや食事をさらに用意しなくても大丈夫なのです。
もちろん、猫の成長によってはさらに補う必要がありますし、病後には別の食事を用意することがあります。
現在健康にすくすくと育っている状態の猫に適した、バランスの良い食事です。

現在日本で販売されている総合栄養食は、どのメーカーも独自の基準で勝手に販売しているわけではありません。
一定の水準を満たしたものが「総合栄養食」と名乗っています。
その基準は、「米国飼料検査官協会」もしくは米国科学アカデミーの学術会議が基になっています。
アメリカではペットフードにおけるペット死亡事故が起きて以来、厳密な審査基準やフードの基準を設ける動きが加速しました。
そのため意識の高いペットフードが数多く生産されています。
世界中でこの動きを追随する形になっており、こうしたアメリカの基準を日本でも導入する流れが生まれました。
こうしたフードはキャットフードのみならず、ドッグフードにも適応されています。

猫の成長は私たち人間と似ている部分があります。
赤ちゃんとして生まれてきてから、高齢の猫になるまでのスピードは、人間よりも早いですが必要とする成分は哺乳類ですので類似している部分があります。
人間にも必要なように、カルシウムやカリウムなどの成分が猫の成長にも重要であるため、総合栄養食の中に入るように食材が織り込まれています。
バランスの良い食事を毎日用意することは至難の業ですが、市販の総合栄養食で簡単に健康を整えられるのです。
こちらには猫が好むキャットフードの特徴が載っています。